【ワンピース】”悪魔の実”の正体は!?

(ネタバレを含みますので、コミック・アニメ派の方はご注意ください。)

 

明日はいよいよジャンプの発売日ですね。休載があると、前日がなんとも言えない間七どおし感ですよね。

 

昨年から続くワノ国も終盤に近付き、いよいよカイドウ&ビッグ・マム VS 最悪の世代たちですよね。ちなみに、今最上階にいるのは、最悪の世代で、ルフィ、ゾロ、キッド、キラー、ローですが、ここにホーキンス、ドレイクも加わってくれるとさららに面白くなりそうですが、あ!あとアブー(倒されてるけど…。)。

 

 

そんな盛り上がっているワンピースですが、ワンピースと言えばやはり”悪魔の実”が毎回注目ポイントですよね。もはや船長クラスは悪魔の実を食べててあたり前くらいになっている感じがします。

 

私的にはシャンクス、ミホークには悪魔の実食べててほしくないですが、色々な人の考察を観ていると、やはりこの2名も能力者っぽい感じはしますよね。

 

さて、そんな悪魔の実ですが、かなり過去からあったと考えられています。それは光月トキが過去から来たことから、少なくとは800年前には悪魔の実があったと予測されます。そんな悪魔の実ですが、正体は何か?って考えたことありますか❔

 

まず、その悪魔の実の正体をあばくには、ワンピースの世界における歴史を知る必要があると思いますので、いったんこちらの年表をみてください。

ONE PIECEの世界における年表 - Wikipedia

 

はい、これをみると、空白の100年を終えたあと、世界は大きく動きだしています。そして、光月一族により「歴史の本文」も作られています。

 

古代兵器

 今回悪魔の実の正体を考えるうえで、私は古代兵器の存在が大きく関わっていると推測します。

 

プルトン・ポセイドン・ウラヌス、神の名を持つこれらの兵器、一体だれが、なんのために、いつ使用していたのだと思いますか❔

 

 それは、

空白の100年にDの一族が20人の王を中心とする世界政府に勝利するため

 ではないでしょうか❔

 

古代兵器 vs 悪魔の実

古代兵器を使用したDの一族、そのDの一族が古代兵器を使用していたとして、その力に勝つため、生まれたのが、悪魔の実ではないかと考えます。

 

 そして、Dの一族は月と深く関わっていると言われていますが、それが本当であれば、Dの一族は神の力を持ち、月より来た人々となります。

 

そして、そのDの一族の力を恐れた王20人から始まる人々が、対抗戦力として悪魔の実をうんだと考えられます。

 

その悪魔の実で、Dの一族には勝利をしたものの、空白の100年として処理しなくてはいけない理由があった訳です。

 

それが、

悪魔の実は、生きた人間の命から作られた物だった。

のではないでしょうか❔

 

空白の100年となった理由

 前述にあるように、悪魔の実は生きた人間から創られた物だったと私は考え、それを隠すためには、Dの一族との闘い事態の歴史を消す必要があったと思われます。

 

これが空白の100年の正体ではないでしょか。そして、悪魔の実を創り出した20人の王たちは、神の力を持った者たちを倒した、天に届く存在の証として、天竜人となったのではないでしょか。

 

 悪魔の実を創ったことに、罪悪感を持っていた先代のネフェルタリ王は、天竜人と呼ばれることにを拒絶したのかもしれません。そもそも、今では最悪な性格を持ち合わせる天竜人ですが、元々は普通の王であり、悪魔の実を創ったことにより、文字通り心まで悪魔に取りつかれたのではないしょうか。

 

そして、悪魔の実に取りつかれた天竜人たちが次に古代兵器を狙っていることに気づき、自国に戻り、それを隠し続けることにしたのではないでしょうか。

 

まとめ

 今回は悪魔の実の正体いついて考えてみました。そして悪魔の実は、20人の王たちにより古代兵器の抑止力として、生きた人間の命で造られた兵器だったと結論づけます。

 

 もちろん、これはあくまでも考察レベルなので、実際には違うと思いますが、これが本当であれば、鋼の錬金術師NARUTOに近い話ではありますよね。

 

それでは今回はこの辺で、また会いましょう👍